結婚式のスピーチのコツ

結婚式のスピーチはあまりだらだらと長くしゃべることはやめましょう。

五分以内ぐらいを目安に組み立てるといいスピーチにすることができます。

出だしの文、新郎新婦の人柄がわかる話、最後に激励の言葉、と順序だてて構成していけばいいのですが、結婚式では使ってはいけない文言が多々ありますので文章には十分注意しましょう。

話の途中や中盤で自己紹介と新郎(新婦)との関係を言うことも忘れないようにしましょう。

結婚式のスピーチは基本的に激励の言葉が一番大切なので、あなたの思いを込めた言葉で精一杯祝福してあげましょう。

結婚式のスピーチを成功させるには

大きな声でわかりやすくしゃべる、ゆっくりと聞き取りやすくしゃべる、落ち着いて言葉に詰まらないようにする、文章をしっかりと覚えていく、人に不快感を与えるようなしぐさをしない、これらのことを守っていれば、結婚式のスピーチは成功するでしょう。

もちろんこれは文章が完璧な場合に限ってです。

一番重要なことはいい文章を作ることなのですが、せっかくいい文章を作ってもこれらのことがしっかりできていないと、いいスピーチも悪いスピーチになってしまい、結婚式をダメにしてしまうので気をつけましょう。

結婚式のスピーチ中に緊張しないために

結婚式というのは独特の緊張感が生まれる場ですので、そこでスピーチをするというのはけっこう緊張してしまうかもしれません。

一番いい方法は場慣れをすることなのですが、そんなにスピーチの依頼が来る方はそもそもそんなに緊張する心配はないので、ここではスピーチ初心者の方のための方法を書かせていただきます。

ひとつの方法として、文章をとちらないようにメモ書きをもつ、自分の知っている人の多いテーブルに向けて話す、新郎(新婦)の目だけを見つめながら話す、遠くを見つめるようにするなどがあります。

結婚式のスピーチで、言ってはいけない言葉

結婚式のスピーチで言ってはいけない言葉の代表的なものは、結婚生活の終わりを暗示させる言葉が多いです。

「終わる」や「わかれる」などは特にストレートに離婚を連想してしまうので絶対に使わないようにしましょう。

そうなるとスピーチの最後の言葉が難しくなってしまいますが、「末永くお幸せに暮らしてください。貴重なお時間ありがとうございました」のように閉めるといいでしょう。

他にも「切れる」「死ぬ」「苦」なども使わないようにしましょう。

結婚式のスピーチ:出だしの言葉

結婚式のスピーチの出だしは大抵決まっています。

例えば、「(新郎名)さん、(新婦名)さんご結婚おめでとうございます」や、「只今、ご紹介にあずかりました(自分の名前)でございます」や、「新郎新婦、ならびにご両家の皆様、本日はまことにおめでとうございます」などから始まりその後に自分をスピーチの場に選んでもらったことへの感謝の言葉を述べるという流れが一般的です。

そこからエピソードなどの話につなげていくわけですが、あまり長々となっては結婚式自体がだらだらしてしまうので、中身を重視するならば出だしの言葉は基本的なもので無難にしておく方がいいと思います。

結婚式のスピーチ:最後の言葉

終わりよければすべて良しというわけではありませんが、スピーチの最後はとても重要です。

特に結婚式では「これで私のご挨拶を終わらせていただきます」などの一般的な結びの言葉は使えません。

言葉に気をつけつつ、スピーチを終わらせるのは少し大変ですが、「私のご挨拶とさせていただきます。」や、「ご清聴ありがとうございました。」などの言葉で締めるようにすればそれほど難しくはなくなると思います。

しかし締めの言葉の前にしっかりと祝いの言葉を入れておかないと結局何が言いたかったのかわからない結婚式のスピーチになってしまうので注意してください。

結婚式のスピーチの注意点1

結婚式のスピーチをする上で注意しなければいけない点は、実際にあった話か、間違った言葉を使ってないか、きちんとした言葉遣いをしているか、新郎新婦が後に喧嘩になってしまうようなはなしではないか、などがあります。

特に、暴露話などはタブーです。

なぜそんなことを結婚式で言われなくては…と新郎(新婦)に思わせるようなことは絶対に避けましょう。

スピーチのネタを考えるのは大変ですが、新郎新婦に喜んでもらえるような話を作れるようにがんばりましょう。

結婚式のスピーチの注意点2

新郎新婦と関係のない話をする、上司や恩師としての立場から説教をする、自慢話をする、これらのことは結婚式のスピーチには適していません。

お祝いの席ですから嫌な気分にさせるような文章は避け、なるべく人当たりのいい言葉を選んで、いいスピーチを作りましょう。

特に上司の方は説教くさくなることが多いので人生の先輩としてのアドバイスを一つか二つ述べるぐらいにしておきましょう。

他にも会社の話をするときに個人の話よりも会社の宣伝の方が重視されているような文章もやめておきましょう。